二世帯住宅の間取り・プランは「タマック」へご相談ください

二世帯住宅お問い合わせ電話番号0120-01-3709
タマックは三世代同居を応援します!
二世帯住宅お問い合わせ

二世帯住宅の悩みQ&A

二世帯住宅をつくろうと思った時、多くの方が不安を感じてしまうようです。
今まで多くの二世帯住宅を建築してきた経験から言わせていただきますと、これらの不安は、
二世帯住宅を建築する前に、家族間でじっくりと本音で話し合うことで、ほとんどの場合、解決できます。
「こんなことになったらどうしよう?」、「こんなことを迷っています」という、今までタマックに寄せられた
二世帯住宅をつくる前の「悩み・不安」への回答をご紹介します。

質問をクリックすると、回答が表示されます。

二世帯住宅・お嫁さんの悩み

夫婦で遊びに行ったり1人で外出したりする事が好きなのですが、
二世帯住宅になったら自由に出かけられないのではないか不安です。
子供がいる、いないで、かなり事情は変わると思いますが、
もし気になるようでしたら、世帯間での役割があるようでしたら
それを済ましてからの方が良いと思います。
ただ、相手の親御さんに自分のことを良く見せようとしてしまうと、
長い同居生活を考える上で、とてもストレスになってしまうと思います。
出来る限り本音が言い合える関係づくりが大事になってくると思います。
(今は親御さん世代がアクティブに外にでられているケースも多いので、
同じことを思っているかもしれませんね。)
子供の教育に義親が口を出してこないか不安です。
子供の教育方針などを夫婦でまず決めて、その事を義親に伝えることが
大事なのではないでしょうか。
親御さんに口を出されることを心配されるより、子供をどうやって
育てていきたいかを決めて、それに親御さんに協力してもらうスタンス
の方がうまくいくのではないかと思います。
子供達も親御さんと多くの時間関わることで、教育上得られる物も
たくさんあると思います。
親御さん世代の考え方にも触れることができますし、 弱い立場の人を
大切にする心も育まれると思います。
そして親御さんも、孫と関わりながら成長が見られることが生きがいにも
なると思います。
両世帯のお風呂が一緒だと、義父と鉢合わせしたりしないかどうか
気になります。
脱衣所と洗面台が同じお部屋(空間)にあると、歯を磨きに来た義父と
ばったり! なんてことがあるかもしれません。
鍵をつけてしまうのは一つの方法ですが、 洗面所と脱衣所を分けてしまう
方法もあると思います。 鍵をつけてしまうと、お風呂に入っている間は
洗面が使えない状態になってしまいます。
そうなりますと、お風呂に入ったり出たりするタイミングを気にして
いないといけませんが、 洗面台を脱衣室とは別のところに設置して
おけば、お風呂に入る人と洗面を使う人が鉢合わせをするということは
なくなると思います。
食習慣や食事の時間帯が違うので、キッチンを1つにしようか
2つにしょうか迷っています。
時間帯が違う場合や、料理をされる方が2人いる場合はキッチンを
2つ設けた方が良いと思います。 食べ物の嗜好が違えば食材も違い
ますし、食器の趣味や洗い方、整理の仕方まで違います。
「キッチンを2つ設置すると高くなる」という予算上の問題もあったり、
「そんなに面積とれない」という空間上の問題もあると思います。
その場合、二世帯の食事をメインで作られる方の世帯に大きなキッチンを
置いて、 そうでない世帯の方にミニキッチンを置くという方法で予算を
抑えることができます。
面積上の問題で、キッチンが一つしか置けない場合でもシンクを2つ
つけたり、 キッチンの使い方での約束事を決めておかれると良いと
思います。
二世帯住宅・お婿さんの悩み

家づくりを計画する時、どうやって家族全員の意見をまとめれば
いいのでしょう?
まず、「何のために二世帯住宅にするのか?」という理由や目的を
両世帯間で明確にすることが大切です。
そのために、二世帯で住む人全員で同居する理由を本音で話し
合うこと
がとても大事です。
「両親の老後のため」や「孫たちのため」など、目的や理由は
色々あると思います。
一緒に住む目的がなかったり、曖昧なまま、「なんとかなるだろう、
親子だし」というような考えのまま生活を始めてしまうと、
「こんなはずではなかった」と思うことが多くなってしまいます。
そして、後から感情や行動の修正も難しくなってきます。
(一緒に住む目的がないですからね。)
目的や理由が違えば、プランや設備、仕様なども全く違ってきます。
間取りや、設備仕様を考える前に、一緒に住む理由や目的を話し合って
みてはいかがでしょうか?
どんなご家族も家を建てることが最終的な目的ではないと思います。
誰でも、幸せに楽しく暮らしていくために家を建てるはずですよね。
建築資金の分担はどうすればいいのでしょう。
色々な分担の仕方はありますが、 土地を奥様の義親が所有している
場合、将来奥様がそのまま相続される可能性が高いので、 建物は
ご主人が全部負担するという方法が一つあると思います。
もちろん建物にも奥様の名義を入れておきたいという場合は、奥様が
建築資金の一部を出資するという方法をとれば、名義は入れて置くことは
できます。(出資割合により持分は変わります。)
親御さんからの、出資については生前贈与や、相続時清算課税を使って
いただくのが良いと思います。(そうすれば、親御さんの名義などを建物に入れる必要はないですし、贈与税も気にしなくても良いです。)
親御さんからの、住宅資金のバックアップについての贈与は1500万円
までは贈与税はかかってきません。(税務所に申告が必要になります。)
それに加えて相続時清算課税を使えば、住宅資金の場合、2500万円分は
相続時に清算ができますので、贈与税がかかりません。
都合4000万円までは課税されません。
(奥さんの親御さんからの分をつかえば最大で6500万円まで)
光熱費、水道費、固定資産税などの支払いの分担は?
光熱費・水道費を毎月きれいに折半で清算という方法があります。
この場合、「どちらかが多く使っているのに、どうして半分ずつなの?」
という不満が出そうな場合は、 メーターを2つつけて、それぞれで
清算をするという方法もあります。
固定資産税は登記上の名義をもたれている方の住所に役所から請求が
行きますので、その請求されたままに、お支払いするという方法が
とれます。(建物が子供世帯名義、土地が親世帯の名義であれば、
建物の固定資産税は子供世帯が負担し、土地の分は親世帯が負担すると
いう方法)
ただ、親御さんが働いている間は色々な方法がとれると思いますが、
年金生活の場合はまた考え方が変わってきます。
親御さんの負担が大きくなってしまう場合もありますので、 お話し合いが
必要になってくるでしょう。 お金の問題は、親子であっても明確に
されておいた方が良いと思います。
揉めたりすると後々大変なことになりますしね。
自分の居場所がなくなってしまうのではないか心配です。
自分の居場所を確保するという意味では、完全に分離した二世帯住宅に
してしまうのは一つの方法だと思います。義親の目から離れられると
いう意味では良い方法です。
共有の二世帯の場合でも、自分の書斎、趣味の部屋みたいな空間を
作って、できるだけ一人になれる時間を持てるような工夫もできると
思います。
二世帯住宅・お父さんの悩み

他にも子供がいるので、相続の事が心配です。
将来、親族で揉めないようにするには どうしたらいいのでしょうか?
事前に、相続に関わる人達・相続を受ける権利のある人、全てを交えての
話し合いが必要だと思います。
良くあるケースでは、土地は一緒に住まわれるお子様が相続して、
土地を相続しない代わりに、金融資産や有価証券などを他の子供達や
いうことを、決めておかれる場合は公証役場で、公証人立会いのもと
遺言を残して おかれるのが良いと思います。
遺言で決められる場合は、 遺留分(相続人に遺産の一部を保証するもの)は
考慮に入れておかれた方が良いと思います。
遺留分は相続人の権利ですので、遺言で全財産をある1人の方に
相続させたいと記載しても、 他の相続人がいる場合、遺留分を主張され
れば、その権利は守られます。
そのことも考慮にいれておかないと、後々、揉める原因を作ってしまう
可能性があります。
私も建物の費用を負担するのですが、土地と建物の名義はどのように
考えればいいのでしょうか?
登記上は土地も建物も所有者や出資者の名義になります。
従って簡単に考える場合は、土地の名義は自分で持たれ、建物は子世帯と
出資する割合に応じて持分を持たれるという形になると思います。
建物の名義をお子さん達だけに持たせる場合は、生前贈与という形を
取られれば、贈与税は掛かってきません。
住宅資金についての贈与は、1500万円までは非課税になりますので、
それを利用していただければ良いと思います。
それ以上の金額を出資される場合は、相続時清算課税制度(2500万円)を
利用していただき、贈与税ではなく相続時に課税の対象となるように
申告される方法をお勧めします。
贈与税の税率はとても高いのに対して、相続税では基礎控除も高く、控除額も大きくなるので、税金として納める可能性は非常に低くなります。
(日本全国で相続税を実際に納めている方(納めるぐらい資産のある方)は
全体の7%程です。)
自分達がいなくなった後、賃貸で貸せるようにした方がよいのでしょうか?
賃貸にする場合のメリットは、子供達が家賃収入が得られる点だと思い
ます。もし賃貸で貸す予定があるのでしたら、 完全に分離した二世帯住宅の形をとる必要があります。
縦で連塔タイプにしてわけるのか?上下階で完全に分けるのか?
上下階で分けるにも外部に階段をとるのか?内部の階段にするのか?
このようなことを決定することも重要です。
賃貸で貸される事を前提にされる場合は、音の問題を二世帯で住む以上に
注意を払って考えなくてはいけません。 親子ではなく、全くの他人に
貸すことになるので、お互いに音に関してはとても気になると思います。
賃貸にする予定の場合はその辺も気を遣って設計したり、防音対策も
十分に考えられておかれることをお勧めします。
ただ、先の事をいろいろ考えすぎてしまうと、間取りが制限されてたり、
本当はやりたいと思っていたことができなくなってしまうようなことに
なりがちです。これからの生活の楽しみや快適さを疎かにすることに
なってしまうかもしれません。せっかく一大決心をして新しく家を建てる意味というのが薄くなってしまいます。 その辺りのバランスはしっかりお話し合いをされることをお薦めいたします。
今は夫婦2人で2階建ての家を広く使っているのですが、 二世帯を
完全に分離すると使える面積が減ってしまって窮屈になるのではないか?
正直なところ、親御さん世帯は建て替えると、今まで使っていたスペース
より狭くなってしまうケースが多いです。
建て替えて広くなるとは言え、ワンフロアーを子供世帯が専有します
ので、現状1階と2階をご夫婦2人で使っているのを、1階だけを使用
することになると、今のお家に比べると事実上、使える面積が減って
しまいます。
これを、自由に使えていた部分が減ってしまったと考えることもできると
思いますし、 今まで使っていなかった無駄な部分が減ったと考えることも
できると思います。
しかし、現状の使い勝手とこれからどうやって住んでいくのかという
計画によっても、色々と考え方が違ってきますので、一概には言う
ことはできませんが、限られた空間の中で、少しでも広く使おうと
する場合は、1階に住んでいても、2階の一部分を使えるように
する方法もあると思います。
二世帯住宅・お母さんの悩み

よく夫婦喧嘩をします。二世帯住宅になったら、子供世帯に気兼ねをして、
夫婦で言いたいことも言えなくなるのではないでしょうか?
言いたいことが言い合えないのは良くないと思います。
良くあるケースは、子世帯の目を気にして、良い夫婦を演じてしまって
疲れてしまうことです。 先輩夫婦のプライドというものはあるでしょう
けど、疲れてしまった上に本音が言えなくなるのは よくありません。
後でたまった鬱憤が爆発して、夫婦間の関係がこじれてしまう可能性すら
あると思います。
子供達の見本になろうと決めて、本当に良い夫婦になっていくのなら
良いと思いますが…
喧嘩したい時は喧嘩した方がよいのではないでしょうか。
食事は一緒にしたのですが時間帯が違います。
息子夫婦に合わせた方が良いのでしょうか?
家族の生活の仕方や、考え方によって違いますが、無理に合わせる
必要もないと思います。
現代社会の生活では、夜遅くまで働かれている方が多いので、帰りが
11時とか12時とか、 昔では考えられないぐらい夜型になっています。
さすがにそんな遅くに家族で一緒にご飯を食べるというのは少し無理が
ある気がします。待っている方も帰りが気になると同じように、待たれている方も家で待っている家族のことや、帰りの時間が気になってしまい
仕事に集中できなくなると思います。
お休みは家族そろってご飯を食べるようにするとか、何曜日の晩御飯は
一緒に食べる日、というような形で決められてはいかがでしょうか?
完全分離の2世帯住宅の場合やキッチンが別々の場合は、 そういった
ことを考える必要も少なくなります。
キッチンが共有の場合、時間帯の違いにどうしても負担やストレスを
感じる場合は、 ある程度のルールを家族でつくる必要があるのでは
ないでしょうか?
ただ、ルールを決めたら決めたで、ルールが守られなかった時に誰かが
嫌な気分になったりストレスを 感じたりするのも事実なので、その辺は
きっちり決めずにある程度幅を持たせておくのも一つの手です。
子供世帯との習慣や考え方の違いに戸惑ってしまうのではないか不安です。
習慣や考え方の違いはもちろんあると思います。
でも世代間で習慣や考え方に違いがあるのはしょうがないことだと思い
ます。恐らくあなたの親御さん達もあなたに対してそのように感じて
いらっしゃったのではないでしょうか。
まずは、子供世帯の習慣や考え方を理解してあげる事が大事なのでは
ないかと思います。
何時に会社にいくのか、ご飯は何時なのか、
友達を家に呼ぶのは月に何回ぐらいなのか?
孫や子供は習い事は何をしているのか?それは何曜日と何曜日?
お風呂は何時ぐらいなのか?
夜は何時に寝て、何時におきるのか?平日はどうか?
休みの日はどうなのか?
このようなことや考え方も含めて、知って理解をしてあげることが必要
だと思います。 もちろん、知るだけでなくこちら側(親世帯)の習慣や
考え方も伝えて理解をしてもらう必要もあります。
子世帯と同じように生活の習慣や考え方、親戚つき合い、近所付き合い、
友達付き合いなどなど…
これらを理解しあった上で、間取りも考えていけるとより一層生活
しやすい間取りにもなりますしね。
一度そのような話し合いをされてみてはどうでしょうか?
私達は共有部分のある2世帯で良いと思っているのですが、子供達は
完全分離をする二世帯住宅を望んでいます。
どうすればいいでしょう?
まず、 唯一の血縁者ではない方が、
「二世帯住宅で住むことを正直なところどう思われているのか? 」
という点を聞いたり理解したりすることが重要です。
その方への配慮が二世帯住宅で快適に過ごしていくための一つの
ポイントにもなります。 まずそこから始められて、
分離型でないといけないのか?一部でも共有する事は許容できるのか?
許容するならどこの部分なのか?お風呂なのか?キッチンなのか?
リビングも共有して大丈夫なのか? という点をお話し合いされると
良いと思います。
それからイニシャルコスト(初期投資費用)のこと。
単純に設備を増やしていくと、最初にかかってくる費用も上がります。
そして、ランニングコストのこと。
5人家族で完全に分離して、キッチンとお風呂を二つにすると、設備を
完全に共有にする場合より、光熱費が高くなります。
こういった費用の点も考慮されてみてもよいかと思います。
  • トップページ
  • タマックが考える二世帯住宅
  • 二世帯住宅の悩みQ&A
  • 二世帯住宅間取りの工夫
  • 二世帯住宅お金の話
  • 二世帯住宅施工事例
  • 二世帯住宅インタビュー
  • 二世帯住宅ルールづくり
  • 二世帯住宅アンケート集

タマックの二世帯住宅| 二世帯住宅の悩みQ&A | 間取りの工夫 | お金の話 | 二世帯住宅施工例 | お客様インタビュー |
 | うまくいくルールづくり | 二世帯住宅アンケート集 | 会社概要 | プライバシーポリシー | サイトマップお問い合せ |

二世帯住宅の間取り・プランは「タマック」へご相談ください
〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形2-6-11
TEL:050-5511-3735 FAX:044-930-1023

Copyright © 2010 TAMAC All rights reserved.